マッサージの効果を最大にする方法

マッサージを受けるからには効果があってほしいですよね。行くタイミングや行った後にする行動によってマッサージの効果は変わってきます。
 

マッサージ後は休めるスケジュールにしとこう

マッサージを受けてから、仕事に行かなければならないそのような状況だと効果はどうしても減ってしまいます。

理想は、仕事後にマッサージを受けて帰宅し、睡眠を取る事です。

忙しいという方にも是非そうしてもらいたいのですが、肩こりや腰痛、頭痛などをが起きている状態で仕事をするのはキツイという方は、全然仕事前などにマッサージにいっても良いと思います。

また、残業などでどうしてもマッサージにいってから帰る事ができない方は深夜営業をしているお店もありますので、そういった所に行ったりするのをお勧めします。
 

マッサージに行く前は体を温めよう

体が冷え切った状態と温まっている状態だとマッサージ効果は違ってきます。
もっとも望ましいのが、入浴後ですが、仕事帰りや買い物ついでだと一端家に帰らなくてはいけないので、難儀ですよね。

なので一駅歩くなど、軽い運動をしてからでも問題ありません。どうしても軽い運動ができないという場合はカイロなどを使って体を少し温めたり、温かい飲み物を飲んだりするだけでも違ってきますよ。
 

とにかくリラックスする

施術者にどうしても気を使ってしまう方も多いと思いますが、気にしない方がリラックスする為には効果的です。

眠ってしまうくらいマッサージの方が効果があがります。
 

「痛い」「気持ち良くない」はハッキリと

施術者は強さなどがちょうどいいか聞いてくると思います。その時に少しでも違うな~と感じた場合は遠慮せず言う事をお勧めします。

せっかくお金をかけて得たお時間です。施術者の力加減で、効果が激変する事ないようにしっかりとちょうどよい強さや場所を教えてあげて下さい。
 

マッサージ後は必ず多めに水分を飲もう

血液やリンパの滞りを流す作業を行っていきます。
水分を多めに取る事が体の悪い物に巡り、元気になりやすくなります。マッサージ後は水分を多くとりそしてぐっすりと眠る事をおすすめします。

 

生理中のマッサージには気おつけよう

生理中は経血を排出するために骨盤や靭帯が緩んでいるので、強いマッサージを受けると体が歪んでしまったり、オイルなどを使ったマッサージの場合は肌が荒れたりする事が御座います。

しかし、マッサージと一言でいってもその種類は様々でそもそも生理中の施術を受け付けないお店もあります。
生理中の体調にも個人差がある為、判断に困ったら、お店の方に相談してみましょう